HOME > 千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

『第1回LPガス等合同防災訓練(中核充てん所稼働訓練)』 実施

 平成27年10月22日(木)「(株)ホームエネルギー東関東千葉センター」において
「第1回LPガス等合同防災訓練(中核充てん所稼働訓練)」を実施しました。

 この訓練は、災害時等においてLPガスを安定的に供給するために、LPガス販売事業者と中核充てん所が関係行政機関等との連携を図りながら、LPガス業界だけでなく近隣自治体等の地域を交えた災害対応訓練であり、今回は、「千葉県東方沖地震,マグニチュード7,最大震度6強の地震が発生し、被災地を旭市」と想定して、①中核充てん所稼働訓練、②炊き出し訓練、③応急処置訓練を実施し、訓練参加者並びに見学者の合計83名が参加しました。

 今回の訓練では、中核充てん所の(株)ホームエネルギー東関東千葉センターの充てん所が拠点となり、応援要請を受けた5カ所の中核充てん所の輸送車両が充てん所に集まり、充てん所のLPガス容器を輸送車両に積込み、避難施設を想定した場所に設置してある炊き出しセットやポータブル発電機にそれぞれLPガス容器を接続し、炊き出し訓練を実施しました。

 さらに、白井市の消防署の方々にご協力いただき、心肺蘇生法やAEDの使用方法について説明と実際に人形を使用した訓練を実施しました。

 また、ポータブル発電機への接続には、ノルウェーから輸入され9月7日より国内で販売されている「FRP容器」を実際に使用し、見学者等にFRP容器の特性等について説明をし、多くの参加者が興味を持たれていました。

 今回、千葉県LPガス協会独自の訓練として初めて実施し、多くの方にご協力をいただきました。
 この訓練を継続して実施することにより、LPガスが災害に強いことを一般県民等にアピールし、 千葉県内のLPガス販売事業者と関係行政機関等との連携強化を図って参ります。

 

←活動一覧に戻る