HOME > 千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

青年委員会より「第20回通常総会を開催しました!」

 青年委員会では、4月24日(金)に三井ガーデンホテル千葉にて、第20回通常総会を開催しました。委員、来賓、報道等含め33名にご出席いただきました。
 総会は、青木朗幹事の司会により鈴木徹平副委員長の開会の辞で幕を開け、日下伸一委員長の挨拶の後、高見陽二幹事が議長に就任し、議事に入りました。
 議事は、第1号議案 第20期事業年度事業報告並びに決算承認の件を山口裕嗣幹事より説明し、堀内保監査人から監査報告があり、議場に諮り異議なく承認されました。
 第2号議案 第21期事業年度事業計画並びに収支予算書(案)審議の件を小川豊幹事より説明し、議場に諮り異議なく承認されました。

 また、総会前に開催した幹事会において、昨年実施した「炎の出前教室」を本年度も県内の小学校での実施に向けて活動することとなったこと、廃棄ガスメーター回収運動について、昨年同様3カ所に10万円ずつ寄付することが決定したことを報告し、委員各位に協力をお願いしました。
 なお、本年度委員会のコンセプトを『LPガス事業と経営の見直し』とし、迫りくる電力・都市ガスの小売全面自由化への対策が必要とされている中で、我々若い世代が先頭になって業界の見直しをしていこうと考えております。
 総会終了後の基調講演は、2013年に当協会で開催した需要開発セミナーと今年1月から3月にかけて4回シリーズにて開催した「LPガス業界の未来を切り拓く」セミナーにてご講演いただいた㈱伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー 代表取締役兼アナリストの伊藤 敏憲様より、「次世代経営者の資質」~エネルギーの自由化・競争時代に必要なマネジメント力~についてと、我々青年委員会のOB、第7代・第8代委員長の㈱リルファナカジマ代表取締役の中島元男様より、電力・都市ガス小売全面自由化への対抗手段として「コンポジット(FRP)容器普及促進の提案」~既成概念を打破した次世代のLPガスシステムの構築~についてご講演いただきました。

 中島様の提案を受けて、横山協会長より協会として取り組む事、また、日下委員長から青年委員会も協力をしていくとの方針が示されました。
 本年度も引き続き、廃棄ガスメーター回収運動含め青年委員会の活動にご協力をよろしくお願いいたします。

 

←活動一覧に戻る