HOME > 千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

青年委員会より「炎の出前教室を実施しました!!」

 平成26年9月24日(水)に市原市立八幡小学校、平成26年10月8日(水)に神崎町立神崎小学校と米沢小学校合同で、6年生全員を対象に「炎の出前教室」を開催しました。
 昨年10月に北海道協会の授業の研修と見学をしてから、今回の実施に向けた活動を中心に委員会事業を進め、今年7月には大阪ガスの火育マイスター資格を取得し、9月には開催支部の青年委員を中心とした出前教室実行委員会を組織して本番前のリハーサル等準備を進めてきました。
 授業は、始めに座学で「ファイヤー探検記」の冊子(北海道青年委員会作成)と冊子を基にしたDVD(大分県青年部作成)を使用して、LPガスの知識や火と人の歴史、環境問題などを勉強した後、古代火おこし体験(ひもきり式発火法)を児童全員1人1回ずつ炎が確認できるまで行ってもらう構成です。
 座学の授業も静かに受けてくれましたが、やはり火おこし体験の方が児童たちの関心がとても高く、説明を真剣に聞いてくれ、体験中はイキイキとした表情で楽しんでいました。
 1回目の市原での授業の反省を神崎の授業に活かし、シナリオを読むだけではなく、児童たちとのやりとりを増やしたり、火おこし体験で火がつかない児童がいないようにデモンストレーションの方法や注意点など工夫したことで、一方的な授業にならず、火おこしもスムーズに児童全員が炎の確認まで行うことができました。
 どちらの小学校でも、先生方や広報担当の保護者の方々にも大変好評で、児童たちにとても素晴らしい体験をさせてもらったと感想をいただきました。
 テレビ局の取材も受けましたので、10月中に放映された動画をホームページで見られるよう掲載する予定です。
 実行委員の皆さん本当にお疲れ様でした!!

<市原市立八幡小学校>
  • 【多目的室での座学】
  • 講師:青木朗幹事【お家で火を使う?】
  • 【スタッフによるデモンストレーション】
  • 【1人ずつ体験】
<神崎町立神崎小学校・米沢小学校>
  • 講師:日下伸一委員長【座学の授業】 
  • 【ガスのニオイ体験】
  • 講師:平山聡委員【火おこし体験】
  • 【見ている児童も真剣なまなざし】

 

←活動一覧に戻る