HOME > 千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

LPガス災害対策講習会の開催

 10月10日の15時より千葉県ガス石油会館において標記講習会が開催され、71名の方が受講されました。
講師に一般社団法人高知県LPガス協会の嶋﨑啓祐専務理事を迎え、高圧ガス保安協会発行の「LPガス災害対策マニュアル」をテキストにLPガス設備の災害対策強化とLPガス災害対策にかかる体制整備について説明をいただきました。
 また講師の所属する高知県協会は、近い将来に発生が想定されている南海トラフ地震に備え、平成18年度よりLPガス地震保安対策推進事業に取り組み、高知県協独自の「地震等災害に強いLPガス供給設備の基準」を策定し、50kg容器の転倒や落下物からバルブ損傷を防止するバルブプロテクターの装着、50kg容器のチェーン上下の二重掛けの標準化、ガス放出防止型高圧ホースを普及推進している点について説明がされました。 
 また公共施設へのLPガス及び災害用設備の導入を図るために、非常用LPガス発電機及び災害対応型LPガス設備に関する行政への説明会、防災学習会、防災訓練等を継続的に行っているとのことでした。
 千葉県でも津波や液状化により甚大な被害を受けたことから、協会ではこの講習会を参考にして災害対策マニュアルの改訂に着手しています。

 

←活動一覧に戻る