HOME > 千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

千葉LP協 活動便り

九都県市合同防災訓練実施!

 第35回九都県市合同防災訓練の千葉県主会場訓練は、9月6日(土)、南房総市和田町の和田地域福祉センター前で約130機関が参加し、実施されました。
 訓練は、「房総沖を震源とするマグニチュード8.2の地震が発生し、南房総市では震度6強で建物の倒壊や道路の損壊、ライフラインも麻痺、また高さ8メートルを超える津波が押し寄せ、甚大な被害が出ている。」との想定で訓練が始まりました。
 沿岸の地域事情を反映し、海上訓練では、津波で海に流された被災者を救うため、海上保安庁の巡視艇や海上自衛隊の救難ヘリコプターが出動、県警スキューバ部隊と連携救助にあたり、海岸でも、医療チームが待機しました。
 また、地上でも県警、自衛隊、消防の各機関が連携し、消防ヘリからレスキューが懸垂降下し、傷病者を運び出したり、警察犬や救難犬が倒壊家屋の中から生存者を見つけ出したりする等、本番さながらの訓練が続きました。

 主会場では訓練の他に、防災フェアが開催され当協会安房支部が参加し、保安啓発のパネル・バナー展示やLPガス発電機のデモを行い、消費者にLPガスの安全性や、災害に強いLPガスをアピールしました。
森田県知事も会場を訪れ、協会小沢正順理事がガス発電機について説明を行い、県及び54市町村にLPガス発電機を寄贈している旨を伝えました。

         

 また、テント内では青年委員会協力のもと早川茂マイスターが中心となり、「火おこし」体験が行われました。子供達だけでなく、多くの大人も参加し、皆、古代人になって道具を用い火おこしを大いに楽しみました。
 今回の訓練を実施することにより、住民、自治体、防災関係機関等の災害応急対策の連携協力体制が強化されたことと思います。安房支部の皆様には大変御尽力いただきありがとうございました。

 

←活動一覧に戻る